FC2ブログ

This Archive : 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

Ampawa より。

こんにちわんこソバ。
おやじギャグばかりが思い出される今日この頃です。
寒い。。。
のは、さっきスコールにうたれた為ですが。
つい先ほど、暖かいシャワーを浴びたら、もう大丈夫!

近頃、雨続きのくせに、昼間はめっちゃ暑い気温だから
ってことで、大学で続々とマスクをする人が増えていて、
同僚の先生まで、ついに。
オフィスの人もみんな。
インフルじゃないよね。。。

この前、知らなかったのは、うちの大学で初めてインフルにかかった人が
同じアパートの住居人ってことで、
後からビックリ。

さてさて、
いついつか、院のみんなとフィールドワークに出かけたので、
旅行先は「アンパワ」、BKKから1時間ほどで、
コミュニティツーリズムで今タイで最も有名な観光地になりました。
が、マスツーリズムを避けるため、土日の夕方のみ開いている
水上マーケットになってます。
で、外国人観光客はまだあまり見かけません。

夜には蛍が見られます。で、ホームスティも有名です。


P1030750.jpg


クラスメートと先生(一番後ろの左側)と一緒にボートに乗った時の一枚。


スポンサーサイト
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : |

頭の整理。

一日一日、過ぎるのが早くて、本当に時間足りない。
毎晩9時頃に下校ですよ。(退社?)その後はお家でお勉強。
夜中に仮眠。起きて再開。時に二度寝。9時前に出勤。そしてまた夜。
なんか、もう、あっとあっと言う前に笑、暗くなっちゃうんだもん。
このままじゃすぐ年食っちゃうな。今年は、、、笑。

ふとした時、人生に迷いを感じます。この頃。
なんか、単純に平坦に考えている自分の将来をどうしよう
って不安になったり。。。。これが、O型なので、正確には「不安になってみたりもする。」
って程度で済むんですが。
まぁ逆にO型だからこそ、いつも何かに襲われている感もするんですけど笑。
てゆーか、襲われなきゃできないと思ってた。
けど、なんとなくそれはなんか、本当の自分じゃないような気もしてきた。
ここまで書いておいてどうサマライズしたらいいのか。。。
これもO型。
Structualに考えられないとこ。
周りに流されてしまいそうなとこ。
そんなところを好きになったり、嫌いになったり。

自分へ。
余裕を持ちなされ。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 考えるコト。 |

タイのお坊さんへの一考察。

日タイの共通点って言ったら、まずは仏教徒であることでしょ!
よくよく聞かれるのは、
「日本とタイの仏教はどうちがいますか?」
って質問だけどさ、小乗仏教と大乗仏教って英語でなんていうの?

でもこの前、something difference between big and small、i dont know how to explain...
、、、って手間取っていたら、
友人は"I c.yeah, I can understand.yeah, it s same in Thai language."って
言ってくれたよ。

「え。big and small....で通じるんだ。。。。」って思った。笑
すごいね。絶対欧米人に話してもわかんない説明だろうな。
アジア人だからこそ通じる英語の一つですよ。笑

*小乗仏教 Hinayana [Theravada] Buddhism  大乗仏教 Mahayana (Buddhism).

やっぱりタイの僧侶は超厳しい戒律があるってイメージで、
家の川の向こう側のお寺では朝4時くらいから訓練始まっているみたい。
そして5時すぎには町に出て、托鉢とかに専念して、
「えらいな。。。。」
って感心します。

が、が、が、この前びっくりしたのは、
駅前で黄色の布をまとったお若いお坊さんが、
ミスドで商品選んでた笑。
なんたるミスマッチ現代的

そりゃぁね、お坊さんだって、ドーナツ食べたくなっちゃうよね、
お寺にはないもんね。


って同情しちゃいました。笑

この前も友人とディナーした帰りに、
BTSの改札口でお坊さんが慣れた手つきで通過してました。

そりゃね、お坊さんだって、バンコクの渋滞耐えられないよね、
お寺に帰らなきゃだもんね

って思ったし、
みんな携帯持っているんだよね。

私のラオス人の僧侶の友人に言わせると超破廉恥な!
って話らしいけど。。

私の教え子は大学卒業して、そのままお寺に丸坊主のまま2ヶ月入ってたらしい。
けど、お寺から出た
その夜にクラブ行ったらしいからね。。。

このご時世、難しい職業なんですね。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Bangkok |

時間の問題です。

日に日に増えていく、在タイ大使館からのメール。
内容は、ズバリ新型インフルの感染者の数についてばかりですけど。
しかも今日のメールには、大使館の中に感染した人用の
診察室ができたとかなんとか書いてたし。
すっごい。さすが、日本。
「備えあれば憂いなし」ですな。

またここでタイ日比較ですが。
AGAIN./AGAIN。(←最近クラスの仲間と流行っている英語の繰り返し言葉。
日本語の場合はリズム感を整えるために繰り返しがありますが、英語も繰り返しが多く、その場合は強調になるみたいです。)

タイの感染者数って正確ではない!全く。

そして、今日は昼3時からの1科目のみでしたが、
今日の授業始まりに全員の名前を読み上げているとき、
「Aさん。・・・Aさん?いませんか。」
「先生、来ていません。」
「どうして?Aさんがお休みなんて珍しいですね。」
「熱です。」

げ。良かった休んでくれて。。。。
と。こんな感じで。
40人のクラスのうち10人も急熱や風邪の症状などでお休みしてました。
しかももう確実に新型インフルに感染したと診断された学生がとなりの
学部にいるってこともわかりました。
つまり、時間の問題です。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Bangkok |

調査4

今日は今月4回目のインタビュー。同僚の先生に授業もずらして頂いて、感謝しつつ行って参りました。
久しぶりのドキドキ感でしたが、また彼女も超朗らかで、且つ切れる頭の女性でした。
すっかり30分の予定が、2時間にまで延長してしまいました。。。
だって、もうキーパーソンなんですもの。調査中のプロジェクトの第一人者なので、もう知っているというか、私の分析なんて、はるかに超えちゃって、、、そうですよね、10年も携わっているんですもの。。。。

元々彼女もカセサートでビジネス学で教鞭を12年取られ、その後ユニセフに渡り、かれこれ1定年まで続けられたとのことでした。
専門は子どもや女性の権利保護とのことで、またまた根掘り葉掘り尋ねまくりました。
しかもこれまた日本通で、毎年ご家族親戚ご一行で、日本へ旅行しているとのことです。
日本とタイの違いについて、沢山お話しました。「あなたの日本はどうなの?」って聞かれたので、、、笑。
あーさすが、もう前回Pホテルの人事部長もものすごく情報量だったけど、彼女はまた分析力というか、知識というか、すごい。文献やら北部の関係してるNGOやら、分析の注意事項やら、たっくさん情報頂きました。
あー、退職後にあんなに余裕のある人になりたいな。一声かければ、その人の知りたい10の情報を提供できる余裕っぷり。
今回のレポートとプレゼンは今日までのインタビューとこれでの文献まとめて提出しますが、このプロジェクトは本当に面白いので、調査継続決定です。
まずは今学期のレポートまとめなくては、、、、。。。

1000字のレポート×1本
2000~2500字のレポート×1本
(それに伴う現地調査1日)
3000字のレポート×1本
20分プレゼン×3本

そして次は、、、数ヵ月後、タイ北部に飛びます☆☆早く調査に行きたい!
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Master |

写真公開。

A7749560-70.jpg

So cooooooooooooool!!!!!!!!!!!!!!!!!
やば。
この人見る度にミーハーな性格が出てしまいます。

はい、巷で人気のアピシット首相。
授業中も、写真を出して、「かっこいいです。とてもいいですね。私はアピシット首相好きです。」とか導入文に入れてます。
学生のみんなは私が彼を好きだって知っているので、よくからかってくれますが。

あの、左はこれまた美男な息子さん。
ちなみに奥様はチュラの教授です。
いつか、会えますように。。。。バンコクに住んでよかった☆☆
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Bangkok |

誰のための研究か。

さっきのお電話で、来週木曜日にまたお会いすることになりました。

「ユニセフ退職された後、最近は何やられてますか。」
て唐突な質問しちゃった私。
(←今、冷静に考えると、随分失礼極まりない。まるで、暇ですか?みたいな。。。)
暇なわけないよね。。。。。

今はNGOの理事会?と
それに私の通っている大学の先生やられてるんですって。
なんとも、偶然。
って話をしましたけど。

その後は、
ものすごい、論文と進み具合について、心配して下さって。
超優しそうですわ。

もう、私多分、これ、修士論文にします。
このまま何の抵抗もなければ、というのは、やっぱりこのプログラムは
尚も進行中で、且つ多くのステークホルダーが関わっているので、
インタビュー一つにしても、ものすごく際どい質問をしてしまうと、
次回会いづらい。会ってもらえない可能性も十分にあるので。
ただの研究だけれども、ものすごく人間関係を大切にしなきゃいけないもんだって
ことに気づかされました。

でも、だからこそ、インタビューの楽しみだってあるし、
文献にはない、自分の視点から問題を分析できるわけですし。
言語学文学出身の人ってインタビュー苦手って研究者の人もたくさんいるみたい。

今回ね、このインタビュー調査やってみて、この方法、私にあってるってすごく思った。
なんか、アポ取るのは面倒だけど、研究の域を超えて繋がりができる瞬間が
微々とある。
「この人、タイ人なのに(また失敬。。)、こんなに真剣にタイの社会を変えようとしてんだ。」
とか
「こーゆー人達がいなかったら、この国どうなってたんだろう。」
とか、時々主観が入ってしまう、この私の頭の悪さ。
だって、研究は常に客観的であるべきでしょう。私の知識では、それこそが研究者に求められる”賢さ”だって想う。

でも、理由のない、分析のできないものもあるのだということ。
例えば、何かに半端なく打ち込めるパッションを持った人。
その人たちに対して、研究者はどんな姿勢で臨むべきなんだろうか。
先行研究を洗いざらいあさりながら、冷淡に彼らの行動分析をする研究者よりも
周囲でその情熱を励ます人々の方がずっとずっと、
社会を変えられるってこともある。というか、その方が圧倒的に多いのだ。

だから、私にとってこのインタビューは十分を意味を見出せる手段だ。
彼女らの熱を無駄にしないような論文を書き上げれば、きっと
きっと意味のある研究になると思う。






COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : Master |

調査2

本命のPホテルに出陣しました!
メール送りまくっても、電話かけても、
うんともすんとも言ってくれず、、、
どんな方だろうと思っていましたが、オフィスに着いて納得。
彼女のオフィス、足の踏み場がない笑。
仕事できる人らしいですから、業界の中で。。。。
お忙しいいんですわ。

そして、なんと、ホスピタリティ溢れるお出迎え+
私一人のために、設備ばっちりの会議室でプレゼン。。。
あの、インタビューだけで良かった。。。。
って思ったのは、最初だけ!
だって、欲しい!!と熱望していたプログラムの詳細資料もパワポも全部頂けました。
「これ、、、見てもいいですか?」
と次に
「これ、、、頂いてもいいですか?」
と言うと、
「いいわよ、あげようと思ってたの。」
って。

やっぱりキーパーソンに会うってこんなに大切なことなんですね。。。
大変失礼ですが、前回のお二人の数倍の情報量。
でもでも前回のお二人の意見はもちろんとっても有効なものになりました。

ついでにユニセフで働いてたドクターの電話番号ももらいました。
近いうち会えるといいな。
、、、電話するっきゃないね。

こんなにもネットワークが広がっていくなんて、びっくり。
たった2週間そこらなんですが、
こーなったらいいな。この人に会えたらいいな。
って願っていただけなのに、
運でしょうか。
神でしょうか。
↑行き過ぎ。

論文も書けたし、今週も達成感ありの1週間でした。
今晩からはお勉強に集中しましょう。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Master |

一番欲しいもの。

あひゃぁ~~~~。もう、毎30分ごとに時間に追われています。
かと言って、付き合いは大切にしたいし。。。。
欲張りな自分です。ハイ、
先週末は、久々にたこ焼きパーティーにお招き頂き、
ひたすらひっくり返してました。
大根おろしと醤油で食べたら、超美味でした。やっぱり和風は何でもいいもんです。

先週から、もう爆発してます。
はは。
キャパ超えそうって実感してますが、何も止められない。
昨晩は11時くらいに寝つぶれて、でも1時くらいに起きれて、それから開始って感じでした。
あー1日さ、36時間あればな。
寝る時間が惜しい。マジ。寝なければいいのに。
さぁ、あと1時間で、論文仕上げるぞ。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 考えるコト。 |

インタビュー調査1

昨日、一昨日と午前中は、観光倫理の調査をしてきました。
テーマは、観光業におけるCSR。
私個人のテーマは発展途上国におけるホテル業のCSRなんですが、
Youth Career Development Program(YCDP)という
プログラムが1995年より行われてまして、ホテル業界をメインに
タイ教育省とユニセフもステークホルダーとして関わっており、
とても関心の高いプログラムだなぁと、、、、
日本にいるときからちょこっと調べてました。
(日本にいるときは概要だけですが。)

で、折角BKKにいるんだし、今回は観光倫理の授業にぴったり!!!
ってことで今回の研究テーマにしました。
簡単な概要は、
①タイをはじめとする観光業を外貨取得の手段としている発展途上の国々って
②外資企業がたっくさん投資してる
③現地人から見ると
④仕事がもらえる、外資だから給料もいい。
⑤しかし、その益を享受できるのは、社会のある程度裕福な人間
⑥元々親なんかが、収入のない子どもはその仕事にはありつけない
⑦むしろ、外資系企業で観光立国としての発展があれば
⑧被害を被る者がいる-社会の下層にいる人々、
⑨例)タイ北部 多くの女性は性産業に従事させられている 又はそれが彼女らの社会の中であるひとつの文化になっている=それが伝統、一般化している
⑩だから、企業も考え直そうよ。十分に責任があるじゃない。
で、YCDPってプログラムでは、年2回北部から大学にいけない、奨学金ももらえなさそうな、生涯上にあがる機会のない高校生を対象に、何十人かBKKに連れてきて、約半年間のホテルトレーニングをやってます。
2009年には35社にまで増えるとのことです。(Bangkok新聞によると)
実はこのトレーニング、マニラやブラジルなんかにも広がっています、世界大手の外資ホテルが連なって、年々メンバーに入っていますが、元々はBKKのPホテルが1ホテルだけで始めたプログラムです。

で、今年もタイだけでも30社以上のホテルが参加しており、
そのトレーニングマネージャーに連絡をして、インタビューに応じてもらおうという試みです。
何が苦労するって。。。。
連絡。コネなし。
でも。。。。
私、幼少時代から何でも待てない子で、「一度言ったらきかんのやからぁ。」って超怒られてました。。。
この性格直りません。
一晩かけて、教授に推薦状書いてもらって、全部のホテルにインタビュー内容と推薦状を添付してメールしました。笑
そしたら、翌日☆
2社から早速OKのお返事を頂いて。。。。
昨日と本日インタビュー行ってきました。

1つはスコタイ。もう1つはシャングリラ。
前者の部長さんは、元JALのスッチーで、日本通のお若いお姉さんでした。
後者はやり手の部長さんで、すごく厳しそうな方でした。。。
が、多分インタビュー内容のせいですね。シャングリラはもうプログラムから撤退したってことで、
でもそういったことも含めて分析したいと思ったので、無理に御願いしたんです。

でも、帰り際に、インタビューはうまく進んでいるの?って聞いてもらって、それから、
実は連絡に苦労してます。って打ち明けたら、
その場でたくさんの他のホテル部長さんの連絡先を教えて頂けて。。。。
しかも、帰ってからのメールにも、
「勉強にしろ、仕事にしろ、あなたがタイで充実した経験になるように、私にできることなら、何でもするから、言ってね。」
って。もう、あんなに怖かったのに。。。。って笑。ウソ2.
エリアマネージャーもやってるみたいで、実にお忙しいのにも関わらず、時間も割いて下さって。
興味があるなら雇いますよ。とまで言ってもらえて、いや、本気で迷っちゃいました笑。
だって、あんなに大きなホテルなんですもの!
前回友達とアフタヌーンティーしたけど、チャオプラヤ近いぜ!みたいな(←形容しきれてない。)

すごい、なんかいい人生勉強になりました。
Pホテルからもさっきお電話もらえて、来週調査行ってきます。







COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : Master |

profile

☆wing☆

Author:☆wing☆


最近の記事


カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ


リンク


1日1タイ語


バンコクのお天気


ブログ内検索


愛読本


community

タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ


Copyright © 協働の創造からの記録  All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。