スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

Do it! Believe it!

やっぱりカリフ(英語学校の先生)はすごい。

日本からこっちに帰ってきて、初めての授業だったけど。
「院の授業が始まって、アサイメントが大変だから、今日はそれを手伝ってほしい。」
って言うと、その場で「もちろん!」とあっさりと引き受けてくれた。
同じ言語教育者としては、事前にプランがあるのだから、
ニーズがいきなり変わると対応しづらいってケースが沢山あるのに。

今選択中である「観光倫理」の資料の中で、
似たような哲学理論がたくさんできてきて、よく整理できない!
って話たら、その場でふむふむと資料をざーと読んでくれて、
「面白いね!僕はこういうの、大好きだよ。」って
切り出して、そこから具体例を沢山出してくれて、超よく分かった!!!!!

多分彼は私の英語の制限数がよくわかってくれているから、
分からないような専門用語は使わない。
もちろん、それを覚えなきゃいけないのは私だから、
その後に「だから、そのことはOOOOOって言葉でいうんだよ。」って
丁寧にまとめてくれる。

つまり。
結果重視のTeleplpgical Ethical TheoryはUtilitarianismとDistributive Justiceに分かれていて、
前方は多くの人にとって、’ベスト’な状態にすることが目標だが、もちろんマイノリティグループにとっては有益ではない。
後者は存在する全員にとって平等に分配することが目標だが、不利益を被ることもある。

一方。
原理やルールを重視するDeotological Ethical TheoryにはCategorical Imperative(またの名はUniversalism)がある。
これは、誰がこの立場に立っても、同じ決断をするだろうと思われる原理に従うことである。
これには「善意、良いこと」は全く考慮しない。
これに対しイマニュエル・カントは自分にとって有益になるかならないかの結果よりも、社会のみんなが平等になることを目指し、モラルのある人は「良い意思」を持っていると示した。
(←今だからこんなこと当たり前ですけど、400年近く前の時代なので、やっぱりすごいです。)

カルフはタイ社会での会社や経営方法を具体例として挙げてくれ、
もう感謝感謝って感じなくらい、分かりやすかった~~!!
何回も読んだつもりなのに、やっぱりネイティブの理解は全然違う。同じ文字なのに、私の解釈の上の上をいってます。でもこうやって、何度も聞けば、理解できるじゃん。

昨日超仲良くさせて頂いている英語科の先生(イー先生)が、
「今日は博士号の授業があるから。」って言いながら、残業している私のところに
来てくれて、たくさんお話できました。
「もう、先生大変。きっと私の英語に問題があります。」
って相談したら、
「大丈夫よ!絶対修士できますよ!レポートとかの英語なら見てあげるから!」って。
力強いです。
イー先生には私と同じ年の娘さんがいらっしゃるんだけど、今アメリカ留学中で、
私のことを娘のようにかわいがってくれます。
本当に恵まれてると思います。

あー泣きそうな夜もあるけど、今週もリーディング、アサイメント頑張ろう!
相談できる人がこんなにも沢山いるんだもの。きっと大丈夫。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : Master |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

profile

☆wing☆

Author:☆wing☆


最近の記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ


リンク


1日1タイ語


バンコクのお天気


ブログ内検索


愛読本


community

タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ


Copyright © 協働の創造からの記録  All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。